本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の医療・福祉の中の障がい者福祉の中の日常生活の支援から地域生活支援事業
 
組織から探す
施設一覧

地域生活支援事業


 障がいのある方が、身近な地域で自立した生活を送ることができるように、地域の実情、利用者の状況に応じた柔軟な事業を行います。

事業内容

 

(1)地域活動支援センター

 対象者

 市内に住所を有する障がい者(児)


 費用負担

 Ⅰ型、Ⅲ型・・・無料(原則)
 Ⅱ型・・・原則1割負担(申請により、生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯は利用料が免除になります。)


 各施設

 施設名称連絡先
Ⅰ型社会福祉法人 総社市社会福祉協議会
(地域活動支援センター)
清音福祉センター 
清音軽部1135 電話:92-2566
Ⅱ型社会福祉法人 ももぞの学園
(地域活動支援センター アラジンⅡ)
下林1287-1
電話:90-0907
Ⅲ型NPO法人 あゆみの会
(あゆみの会 第1作業所・第2作業所)
中央六丁目6-102
電話:94-0212
NPO法人 れんげ福祉会
(福祉作業所)
門田713-1
電話:92-3493

ページトップへ

 

(2)相談支援事業


☆基幹相談支援センター(総社市社会福祉協議会)

 相談支援専門員等を配置し、障がいのある方の日常生活に関する相談、福祉サービスに関する情報提供等を行っています。

 8時30分~17時15分 (祝祭日、年末年始、土曜日、日曜日を除く)

【問い合わせ】 
 電話:(0866)92-8578
 FAX :(0866)94-0089
 E-Mail:info@sojasyakyo.or.jp

ページトップへ

 

(3)意思疎通(コミュニケーション)支援事業

 聴覚、音声、言語に障がいのある方の円滑なコミュニケーションを図るため、市役所に手話通訳者を配置しています。
 また、手話通訳者及び手話奉仕員の派遣事業も行っています。必要な場合は、総社市社会福祉協議会にお問い合わせください。


【問い合わせ】
 総社市社会福祉協議会   
 電話:(0866)92-8555
 FAX :(0866)94-0089                                     

ページトップへ

 

(4)日常生活用具給付等事業

在宅の障がい者(児)の日常生活をより円滑に行なえるよう、必要に応じて日常生活用具を給付又は貸与しています。

平成26年10月から対象用具の追加と、一部用具の範囲を拡大しました。

  • 〈追加した用具〉
       ・人工内耳用体外装置(音声信号処理)交換に係る経費の給付
        対象者:聴覚障がいで、人工内耳を装用している方(その他にも条件があります)
  • 〈範囲を拡大した用具〉
       ・紙おむつ代の給付
        対象者:難病患者又は重度以上の知的障がい者(児)で、意思表示が困難な方

      ※給付につきましては申請等の手続きが必要となります。
      ※給付条件もありますので、給付を希望される方は、用具を購入する前にお問い合わせください。


 対象者

 市内に住所を有する在宅の障がい者(児)
 ※ただし、頭部保護帽、人工喉頭及び排泄管理支援用具は、総社市が援護を実施している施設入所者であっても
  対象とします。


 費用負担

 原則1割負担
 ※市町村民税非課税世帯に属する方は、1割負担部分については免除されます。
 ※基準額を超過した部分は、課税状況にかかわらず本人の負担となります。


 対象品目

特殊寝台特殊マット特殊尿器入浴担架体位変換器
移動用リフト訓練いす(障がい児のみ)訓練用ベッド入浴補助用具便器
T字状
・棒状のつえ
移動
・移乗支援用具
頭部保護帽特殊便器火災警報器
自動消火器電磁調理器歩行時間延長信号機用小型送信機聴覚障がい者用屋内信号装置透析液加温器
ネブライザー(吸入器)電気式たん吸引器吸入器付吸引器酸素ボンベ運搬車盲人用体温計
(音声式)
盲人用体重計動脈血中酸素
飽和度測定器
(パルスオキシメーター)
携帯用会話補助装置情報・通信支援用具(パーソナルコンピューター)情報・通信支援用具
(パーソナルコンピューター、周辺機器、及びソフトウエア)
点字ディスプレイ点字器点字タイプライター視覚障がい者用
ポータブルレコーダー
視覚障がい者用
活字文書読上げ装置
視覚障がい者用拡大読書器盲人用時計聴覚障がい者用
通信装置
聴覚障がい者用情報受信装置人工喉頭
福祉電話(貸与)ファックス(貸与)点字図書人工内耳用電池
体外装置
ストマ装具、紙おむつ 等
収尿器居宅生活動作
補助用具
   

 この品目は、介護保険が優先します。


 手続き様式

 障がい者(児)日常生活用具給付(貸与)申請書 様式 (42kbyte)pdf


 手続きの際に必要となる物

  • 身体障害者手帳、 療育手帳または精神障害者保健福祉手帳
  • 給付を必要とする品目の見積書
  • 印かん

 留意事項

 申請・決定前に購入、修理したものは助成対象外となります
 障がいの種類や程度によって、給付(貸与)できる日常生活用具が異なります。
 詳しくは福祉課 障がい福祉係 までお問い合わせください。


【問い合わせ】
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番

ページトップへ

 

(5)移動支援事業

 屋外での移動に困難がある障がい者(児)について、社会生活上不可欠な外出及び余暇活動等の社会参加のための外出の際、移動支援を行うことにより、地域での自立生活及び社会参加を促進するためのものです。
 具体的な内容は、ホームヘルパー等の派遣による障がい者(児)に対する個別的支援となります。


 対象者

市内に住所を有する視覚障がい者(児)
 全身性障がい者(児)
 知的障がい者(児)
 精神障がい者(児)

 費用負担

 原則1割負担(申請により、生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯は利用料が免除になります。)


 手続様式

 障がい者(児)移動支援事業利用申請書  様式 (68kbyte)pdf


 手続きの際に必要となる物

  • 身体障害者手帳又は療育手帳 
  • 印かん

【問い合わせ】
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番

事業所一覧

ページトップへ

 

(6)日中一時支援事業

 在宅の障がい者(児)に対し、日中における活動の場を確保し、障がい者(児)の家族の就労支援及び障がい者(児)を日常的に介護している家族の一時的な休息を図るためのものです。
 具体的な内容は、施設等において日中、障がい者(児)に活動の場を提供し、手芸、工作その他の創作活動、機能訓練、社会生活への適応のために必要な訓練及び見守り等を行うものです。


 対象者

 市内に住所を有する障がい者(児)


 個人負担

 原則1割負担(申請により、生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯は利用料が免除になります。)


 手続様式

 障がい者(児)日中一時支援事業利用申請書 様式 (68kbyte)pdf


 手続きの際に必要となる物

  • 身体障害者手帳、 療育手帳 又は 精神障害者保健福祉手帳 
  • 印かん


【問い合わせ】
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番

事業所一覧

ページトップへ

 

(7)訪問入浴サービス事業

 在宅で、身体の障がいの理由により寝たきりの重度身体障がいの方に、入浴の機会を提供することにより、身体の清潔と健康の維持を図るためのものです。
 具体的な内容は、移動入浴車で訪問し、居室内に浴槽等を搬入して、入浴を実施するものです。(健康チェックや洗体、洗髪及び洗顔、その他入浴及び清拭に関する助言、指導等)

【対象者】
 身体障害者手帳1級又は2級を所持する方で(1)から(3)に該当する方


 対象者

  身体障害者手帳1級又は2級を所持する方で(1)から(3)に該当する方

  1. 寝たきり又はこれに準ずる状態にあって、居宅の入浴設備での入浴が困難な方 
  2. 医師が入浴可能と認めた方
  3. 家族等の立会いが可能な方

 個人負担

 1回につき 1,250円(原則1割負担)
 ただし、申請により生活保護世帯及び市町村民税非課税世帯は利用料が免除になります。


 手続様式

 訪問入浴サービス事業利用申請書 
 訪問入用サービスに関する医師の意見書
 誓約書


 手続きの際に必要となる物

  • 身体障害者手帳 
  • 印かん

【問い合わせ】
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番

ページトップへ

 

(8)社会参加促進事業

 障がい者等の社会参加を促進することを目的とした事業を行っています。


 点字・音の広報等発行事業

 目の不自由な方のために、市広報紙(毎月10日)を朗読したものを録音したカセットテープや、広報紙の主な内容を点字に訳した点字広報をお送りしています。

  • 手数料       無料
  • 処理時間     翌月分からお送りします

 手話奉仕員養成研修事業

 次の講座を開催しています。詳しくは総社市社会福祉協議会までお問い合わせください。

  手話奉仕員養成講座
  要約筆記奉仕員養成講座


【問い合わせ】
 総社市社会福祉協議会   
 電話:(0866)92-8555



 自動車運転免許取得費助成

 身体障がいのある方が自動車運転免許の取得に要する費用の3分の2以内の額を申請年度内に免許を取得した場合に助成します。

  • 対象者
        市内に住所を有する重度身体障がい者で、1級又は2級の身体障害者手帳の交付を受け、免許取得により就労等社会参加が見込まれる方
  • 助成額
        自動車運転免許の取得に要する費用の3分の2以内の額(上限100,000円)
  • 手続様式
        身体障害者自動車操作訓練助成申請書
  • 手続きの際に必要となるもの
        身体障害者手帳
        経費見積書(免許取得費用を明らかにしたもの)
        印かん
  • 留意事項
        事前に手続きが必要ですので、福祉課 障がい福祉係までお問い合わせください。
        また、所得制限があります。なお、次の場合は助成対象にはなりません。
        ・申請年度(4月1日~翌年3月31日)内に免許が取得できない場合
        ・申請、決定前に免許証を取得した場合

【問い合わせ】  
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番



 自動車改造費助成

 就労等のため、障がい者本人が所有し、運転する自動車の操向装置などを改造する必要がある方に、改造費の一部を助成します。

  • 対象者
       市内に住所を有する重度身体障がい者で、上肢、下肢又は体幹機能の障がいにより、1級又は2級の身体障害者手帳の交付を受けた方
  • 助成
       操向装置及び駆動装置等の改造に要する経費の額(上限100,000円)
  • 手続様式
       身体障害者自動車改造助成申請書
  • 手続きの際に必要となるもの
       身体障害者手帳
       経費見積書(改造箇所及び経費を明らかにしたもの)
       運転免許書の写し
       印かん
  • 留意事項  
       同一車両の改造については、原則1回のみの対象とします。
       事前に手続きが必要ですので、福祉課 障がい福祉係までお問い合わせください。
       また、所得制限があります。

       なお、次の場合は助成対象にはなりません
        ・申請年度(4月1日~翌年3月31日)内に改造が完了しない場合
        ・申請、決定前に改造した場合
        ・前回助成を受けてから5年を経過していない場合

【問い合わせ】  
 福祉課 障がい福祉係 
 電話:(0866)92-8269 窓口10番

ページトップへ

 

(9)福祉器具の貸し出し

 障がいなどで、福祉器具を必要とする方に有料で貸し出しを行っています。※運搬も行っています(有料)
詳しくは、総社市社会福祉協議会までお問い合わせください。


 貸出福祉機器

 車いす、歩行器、4点杖、手すり(たっちあっぷ)


 貸出福祉機器

 1年間(更新可能)


【問い合わせ】 
 総社市社会福祉協議会   
 電話:(0866)92-8555

ページトップへ

 

地域生活支援事業パンフレット(平成28年6月版)

 日中一時支援事業、移動支援事業、地域活動支援センター事業について、総社市と委託契約を結んでいる事業所の一覧と活動内容などを掲載しています。

 表紙 (321kbyte)pdf 
 目次 (58kbyte)pdf 
 日中一時支援事業(事業内容) (54kbyte)pdf 
 日中一時支援事業(事業所一覧) (63kbyte)pdf 
 日中一時支援事業(事業所詳細) (234kbyte)pdf 
 移動支援事業(事業内容) (52kbyte)pdf 
 移動支援事業(事業所一覧) (102kbyte)pdf 
 地域活動支援センター事業(Ⅰ型) (53kbyte)pdf 
 地域活動支援センター事業(Ⅱ型) (72kbyte)pdf 
 地域活動支援センター事業(Ⅲ型) (94kbyte)pdf 




お問い合わせ

部署: 福祉課 障がい福祉係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8269
E-mail: fukushi@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ