本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の子育て・教育の中の赤ちゃん・子どもの中の予防接種から日本脳炎の予防接種
 
組織から探す
施設一覧

日本脳炎の予防接種

接種の確認をお願いします

 平成7年4月2日から平成19年3月末までの間に生まれた人は、平成17年から22年度の間に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃している可能性がありますので、母子健康手帳などをご確認いただき、医療機関で予防接種を受けていただくようお願いします。

 日本脳炎の予防接種については、予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、市からの通知を行っていませんでした。
 その後、平成21年6月に新たなワクチンの接種が開始となり、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

 対象者への個人通知につきましては、国からの指示により順次行っていく予定です。なお、3期の接種につきましては、平成17年度から接種中止になっています。

対象年齢と接種回数(参考)


   
対象者(標準的接種年齢)
回数
1期生後6月から生後90月まで
(3歳~4歳)
初回 2回(6日~28日間隔)
追加 1回(1期初回終了後おおむね1年後)
2期9歳以上13歳未満
(9歳)
1回

年齢ごとの接種について

 日本脳炎の予防接種が不足している人は、下記を参考にして、接種を受けるようお願いいたします。

年齢
接種回数
備考
生後6か月~3歳未満1期初回2回
追加1回
※接種量0.25ml
3歳~7歳半(90か月)未満1期初回2回
追加1回
 
7歳半~9歳未満1期初回2回
追加1回
接種できていない回数を接種可能
【H23.5.20~特例により接種可能】
9歳~13歳未満1期初回2回
追加1回
2期1回
接種できていない回数を接種可能
【1期分について、経過措置により接種可能】
13歳~平成7年4月2日生以降の者1期初回2回
追加1回
2期1回
接種できていない回数を接種可能
【H23.5.20~特例により接種可能】

 ※平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人は、6か月~20歳未満の間、いつでも日本脳炎の定期予防接種を受けることができます。(平成25年4月1日から、対象者が拡大されました)

 注1) 既に1期接種を1回または2回受けた人は、前回の接種から接種間隔が開いていても差し支えないので、(6日以上の間隔をおいて)残りの回数の接種が可能です。


接種時に必要なもの

 母子健康手帳、健康保険証か小児医療費受給資格者証(小学生まで)

接種医療機関

 健康カレンダー参照

その他

 厚生労働省ホームページ
  http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html



お問い合わせ

部署: こども課 母子保健係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8261
E-mail: kodomo@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ