本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中の税金の中の軽自動車税から軽自動車税 税率変更
 
組織から探す
施設一覧

軽自動車税の税率


 軽自動車税は、車両の種類や最初の新規検査年月(初度検査年月)によって、適用される税率が異なります。(車種が同じ場合でも、税率が異なることがあります。)
 各税率については以下の通りです。

※掲載している情報は平成29年4月1日現在のものです。税制改正等で変更となる場合がありますのでご了承ください。


 

原動機付自転車・小型特殊自動車・二輪の軽自動車・二輪の小型自動車・雪上車


 車 種 区 分   税 率
 総排気量定格出力
 原動機付
  自転車
50㏄以下 0.6kw以下   2,000円
50㏄超90㏄以下0.6kw超0.8kw以下   2,000円
90㏄超125㏄以下 0.8kw超1.0kw以下   2,400円
20㏄超50㏄以下
(三輪以上) 
0.25kw超
(三輪以上)
     3,700円
 小型特殊
  自動車
農耕用     2,400円
その他   5,900円
 軽二輪(125cc超250cc以下)     3,600円
 小型二輪(250cc超)   6,000円
 雪上車   3,600円

軽三輪車, 軽四輪以上の車両

 

 車両の「初度検査年月」※によって次のいずれかの税率が適用されます。
 ※「初度検査年月」は自動車検査証(車検証)に記載されています。初回の継続検査(車検)とは異なります。


車種区分税率①税率②重課税率
軽三輪3,100円3,900円4,600円
軽四輪以上乗用自家用7,200円10,800円12,900円    
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物用自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円

税率①:初度検査年月が平成27年3月までの車両について適用される税率
税率②:初度検査年月が平成27年4月以後の車両について適用される税率
重課税率:初度検査年月から13年を経過した翌年度から適用される税率

※重課税率は、①または②の税率に加算して課税されることはありません。軽三輪以上の車両については税率①、税率②又は重課税率のいずれかが適用されます。
※次の車両は重課税率の対象となりません。
●電気軽自動車 ●天然ガス軽自動車 ●メタノール軽自動車 ●混合メタノール軽自動車
●ガソリンハイブリッド軽自動車 ●被けん引車

 【参考】平成29年度から重課税率の対象となるのは、初度検査年月が平成16年3月以前の車両です。


グリーン化特例について

 軽三輪以上の車両で、初度検査年月が平成28年4月から平成29年3月のもののうち、環境性能に優れた次の車両については、平成29年度分の軽自動車税に限り、以下のとおり税率が軽減されます。(グリーン化特例の対象となるのは、軽三輪以上の車両に限ります。)

①電気自動車・天然ガス自動車
 (ポスト新長期規制からNO×10%低減)・・・・・・概ね75%軽減(例:軽四輪自家用乗用 2,700円)

②ガソリン・ハイブリッド車
 (いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車のみ)
 -ⅰ.乗用:平成32年度燃費基準+20%達成車・・・・・・概ね50%軽減(例:軽四輪自家用 5,400円)
 ‐ⅱ.乗用:平成32年度燃費基準達成車・・・・・・概ね25%軽減(例:軽四輪自家用 8,100円)
 ‐ⅲ.貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車・・・・・・概ね50%軽減(例:軽四輪自家用 2,500円)
 ‐ⅳ.貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車・・・・・・概ね25%軽減(例:軽四輪自家用 3,800円)


根拠法令

 地方税法
 市税条例
 道路運送車両法


       

お問い合わせ

部署: 税務課 税政係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8238
E-mail: zeimu@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ