本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中のくらし・生活・相談の中の消費生活から消費者向け注意喚起
 
組織から探す
施設一覧

医薬品による誤飲事故にご注意ください!

子どもによる医薬品の誤飲事故が増えています


 医薬品を誤飲すると、場合によっては入院を要するような重篤な健康被害を生じるおそれがあります。お子さまのいるご家庭で医薬品を保管する際は、十分注意してください。

  • 「子どもによる医薬品の誤飲事故に注意!(消費者庁ニュースリリース)」はこちら
  • 国民生活センターからの注意喚起チラシはこちら


医薬品を保管する際に注意すべきこと

1、子どもの手の届かない、見えない所に保管しましょう

1メートル以上の高さの場所に置いても、踏み台などを使って取り出してしまうケースがあります。鍵のかかる場所に置く、取り出しにくい容器に入れるなど、複数の対策をしましょう。


2、服用後はそのまま放置せず、元の安全な場所に片づけましょう

保管場所に戻し忘れたものを子どもが誤飲する事故がみられます。服用後は速やかに元の安全な場所に片づけましょう。


3、特にリスクの高い医薬品については、細心の注意を払いましょう

大人用の医薬品を誤飲する事故が目立ちます。厳重に管理をしましょう。



誤飲事故が発生した場合は

 万が一、お子さまが医薬品を誤飲した場合は、お子さまの状態や薬の名称、飲んだ量を確認した上で、直ちに専門の相談機関に連絡し、必要に応じて医療機関を受診しましょう。


主な相談機関


◆小児救急電話相談


(厚生労働省ウェブサイトへリンク)


休日、夜間の子どもの急な病気への適切な対処の仕方や、受診する病院等について、小児科医師や看護師のアドバイスを受けることができます。
【連絡先】
#8000

お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送されます。
※通話料は相談者負担



◆公益財団法人日本中毒情報センター 中毒110番

医薬品、化学物質(たばこ、家庭用品など)、動植物の毒などによる中毒事故への対処について、薬剤師等のアドバイスを受けることができます。
【連絡先】
大阪 072-727-2499(24時間対応)
つくば 029-852-9999(9~21時対応)

※通話料は相談者負担



お問い合わせ

交通政策課
電話 0866-92-8249(直通)
相談日 月曜日~金曜日(土・日・祝日・年末年始は除く)
受付時間 8:30~17:00
岡山県消費生活センター電話 086-226-0999(相談専用)
相談日 火曜日~日曜日(祝日・年末年始は除く)
受付時間 9:00~16:30
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ