本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中のくらし・生活・相談の中の交通の中の新生活交通「雪舟くん」から利用方法
 
組織から探す
施設一覧

利用方法

総社市新生活交通「雪舟くん」

 8人乗りや10人乗りのワンボックスカーを使い、戸口から戸口を結び、1人1乗車300円で目的地まで送ってくれます。利用には登録が必要です(登録は無料)。 
 
 運行は平日のみで、午前8時から午後4時台までの1時間ごとです。土・日曜日、祝日、年末年始は運休です。市内を、東部、西部、池田、昭和の4つの区域と、市街地に設定する「共通エリア」の5つの区域を使って運行します。
  
 買い物や通院、外出で出かけるとき、受付センターに電話予約すると、自宅などに迎えに行き、希望する目的地までお送りします。また、帰るときは、商店や病院などに迎えに行き、自宅などにお送りします。乗り合いなので、目的地に向かう途中、別の利用者のお宅や目的地を、順番に回りながらの運行をします。


運行のための区域

 市内を、東部、西部、池田、昭和の4つの区域と、市街地に設定する「共通エリア」の5つの区域を使って運行。8人乗りや10人乗りのワンボックスカーを計9台使って運行します。各車両が特定の区域を走ることはなく、9台を駆使して利用者を目的地に送ります。


4つの区域

 

 通エリア




利用方法

総社市新生活交通の利用方法は、大きく3つに分けられます。

  1. 乗車場所も目的地も同じ区域内にある場合です。この場合の運賃は、1人1乗車300円で利用できます
  2. 上の地図で示す共通エリアに目的地や乗車場所があり、東部、西部、昭和、池田のいずれかの区域との間を移動する場合です。共通エリアとは、官公庁や病院、商業施設などが多く、多くの人の利用が想定される区域。どの区域の利用者も共通して利用できます。この場合も、1人1乗車300円で利用できます。
  3. 東部、西部、昭和、池田の各区域間を移動する場合です。この場合、一度共通エリアに向かい、共通エリア内で別の車両に乗り換え、目的地に向かいます。2回乗車になるため運賃は600円です。
     なお、車いすを使っている人や、一人で乗り降りできない人は利用できません。また、大きな荷物を持っての乗車はできません。

一般的な利用例

 一般的な総社市新生活交通「雪舟くん」の利用は下の絵のとおりです。


1、利用申込
 
電話で予約する
利用する1週間前から1時間前までに、電話で予約します。(午前8時台の予約は、前日までに)
電話番号 92-1111
予約の受付時間は、午前7時30分から午後5時まで
(月曜日は午前7時から受付)
利用1
2、迎え
 
300円払い乗車
予約した利用者のうち、一番遠い人から迎えに行きます。運賃は、乗車したときに支払います。1人1乗車につき、大人300円、小学生や障がい者、要支援・要介護認定者、介助者は200円、未就学児は無料。
利用2
3、移動 乗り合い

順番に移動
目的地に直行するタクシーとは異なります。目的地に向かう途中、別の利用者のお宅や目的地を、順番に回りながら移動します。
利用3
4、到着

目的地で降りる
目的地に到着。下車します。
外出先から自宅に帰る場合も、同様に予約をしておけば、総社市新生活交通を利用できます。
利用4

お問い合わせ

部署: 交通政策課
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8249
E-mail: kotsu@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ