本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の子育て・教育の中の学校教育の中の学校給食から総社市学校給食費の公会計化について
 
組織から探す
施設一覧

学校給食費の公会計化について 

令和4年度から学校給食費の支払先が「学校」から「総社市」へ変わります


公会計化とはなんですか?

 令和4年4月から、学校給食費の公会計化が始まります。
 学校給食費の公会計化とは、学校給食費を総社市の歳入・歳出予算に計上し、議会の議決を得たうえで、
市が学校給食費を徴収・管理をすることです。 令和3年度までは、保護者の皆様から学校に支払われた給食費が給食センターへ支払われ、食材購入に充てられる「私会計」の形で運用を行っています。



会計化になると今までと何が変わるのですか?

1 保護者の皆様の利便性が向上します

 総社市立の全ての小・中学校の学校給食費について、口座振替での支払いをお願いすることになります。
 支払先が、学校ではなく、総社市へ変わることで、口座振替ができる金融機関が増加します。また、口座振替の際の口座振替手数料は総社市が負担します。

2 学校給食を子どもたちに安定的に提供することができます

 学校給食費を総社市の予算に組み入れるため、効率的・効果的な食材調達が可能になり、以前より更に安定した運営を行うことが可能になります。


3 給食費会計の透明性や公平性の確保につながります

 学校給食費を総社市の予算に組み入れることで、管理体制が強化され、未納・督促に対する市の一体的な対策をとることが可能になります。


4 学校現場の負担が軽減され、教職員の子どもたちと向き合う時間が増えます

 教職員の学校給食費を管理する等の業務が削減されるため、子どもたちと向き合う時間が増え、より一層本来の教育活動に専念できるようになります。


公会計化にあたり、何か手続きが必要ですか?

 学校給食費の支払先が、「学校」から「総社市」へ変わるため、学校給食の申込みや学校給食費の口座振替の手続きが改めて必要となりますので、保護者の皆様は、手続きをお願いいたします
 手続きの方法や、申込書等の様式は、令和3年12月中旬を目途に、順次、学校を通じてお知らせいたします。




給食費について

学校給食費の単価

学校区分単価
(1食あたり)
月額(定額)
小学校260円4,500円
中学校300円5,000円

※単価は、現在の金額と変更ありません。
※疾病または食物アレルギー等により給食の一部または全部を受けられない場合には、単価の調整を行います。


学校給食費の納期及び納期限

学校給食費は次のとおりお支払いいただきます。


※納付方法は口座振替を基本とします。
※振替日は月の末日、12月は25日(休日・祝日等の場合は、金融機関の翌営業日)とします。
※第11期(3月末)の納付額(調整額)は、「1年間の学校給食費金額」-「第1期~第10期までの納付金額」となります。


【支払い例】「年間給食実施回数190回」の「小学生」

年間納付額260円×190回  =49,400円
第1期(5月末)~第10期(2月末)4,500円×10期=45,000円
第11期(3月末)              4,400円

 

その他

  • 保護者の皆様に御提出いただく書類は、「①総社市学校給食申込書」「②総社市市税等口座振替依頼書」の2種類です。
  • 「①総社市学校給食申込書」は、学校に提出をお願いします。
  • 「②総社市市税等口座振替依頼書」は、金融機関へ直接提出をお願いします。
  • 御提出いただく書類は、児童・生徒1人につき1枚必要です。
  • 令和3年12月時点において、中学校3年生のお子様は対象外です。
  • 学校給食費の公会計化に関する詳細なQ&Aは、別途お知らせいたします。

お問い合わせ

部署: 教育総務課
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8353
E-mail: ed-soumu@city.soja.okayama.jp

 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ