本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中のくらし・生活・相談の中の交通の中の交通安全から自転車事故を防ごう
 
組織から探す
施設一覧

6.自転車事故を防ごう

 自転車は、エコ活動への取り組みや健康志向の高まりなどから、利用者も多くなってきています。
 手軽に利用できる反面、交通事故になれば、死亡者が出るような重大事故に発展する場合もあります。
 自転車に乗る際は正しい乗り方で交通マナーを守り、安全運転を心掛けましょう。

自転車ルールに関するチラシ

 自転車のルールをまとめたチラシを作成しました
 家庭や地域、学校、企業での交通安全啓発等にご活用ください。
 
 〇「自転車のルールを守りましょう!」チラシ (日本語)pdf
 〇「自転車のルールを守りましょう!」チラシ (ベトナム語)pdf
 〇「自転車のルールを守りましょう!」チラシ (英語)pdf
 〇「自転車のルールを守りましょう!」チラシ (ポルトガル語)pdf
 〇「自転車のルールを守りましょう!」チラシ (中国語)pdf

自転車安全利用5則

 ※次の場合は、歩道を通行できます。
   ・13歳未満のこども、70歳以上の高齢者が通行する場合
   ・「歩行者自転車通行可」の標識(下図)のある歩道の場合

自転車歩行者通行可標識

 ★知ってますか?~自転車の歩道通行について~
   歩道を通行するときも、左側を走らなければならないと思っていませんか?
   歩道を通行できる条件を満たしている場合(上記①参照)には、道路の右側に設けられたものであっても、
   通行することができます。
   

■自転車事故の紹介■

 自転車で起こりうるさまざまな交通事故を、スタントマンによる再現画像で紹介します。
 この画像は、平成23年9月30日、総社高校で開かれた自転車交通安全教室で撮影したものです。スタントマンが、時速40kmで走行する自動車に自転車で衝突するのをはじめ、自転車同士の衝突、自転車と歩行者の衝突など11種類の自転車事故を紹介。約580人の生徒が、衝撃や怖さを感じながら、息をのんで見ていました。

自転車同士の事故から車との接触事故

  2人乗り自転車が自転車と正面衝突し、はずみで2人乗り自転車の後ろに乗っていた人が車道に投げ出され、走ってきた乗用車にひかれる事故です。


守って!>>>
 2人乗り、傘さし運転、並進、
 右側通行はしない
 前方注意
  
●自転車の安全ルールを守ろう

車との接触事故

  トラックの左側を走ってくる自転車の存在を確認しなかった乗用車と衝突する事故です。


守って!>>>
 自転車は車が来るかも、車は自転車やバイクが来るかもの意識をもって走る

車との接触事故

  路地から安全確認を行わず車道に出た自転車と人が、走ってきた乗用車にひかれる事故です。


守って!>>>
 一時停止と安全確認を確実に

トラックの巻き込みによる接触事故

  トラックと並走していた自転車が、左折したトラックに巻き込まれる事故です。


守って!>>>
 トラックは、左側の安全確認を行い左折する。自転車は、巻き込まれる恐れがあるので、トラックから離れて走る

●車には内輪差があります。気をつけましょう。

自転車同士の接触事故

  夜間・無灯火の設定での、自転車同士の正面衝突事故です。右側通行・無灯火のため、お互いの発見が遅れ正面衝突に!自転車同士の衝突でもかなりの衝撃になります。


守って!>>>
 左側通行
 夜間はライト点灯運転

●反射材などで相手に自分の存在を知らせよう!
●夜間は明るい色の服装で!

お問い合わせ

部署: 交通政策課
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8249
E-mail: kotsu@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ