本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中の防災・防犯の中の防災の中の平成30年7月豪雨災害記録から気象概況
 
組織から探す
施設一覧

気象と出水の状況/市からの情報伝達

平成30年7月豪雨災害記録

未曾有の豪雨災害


平成30年7月豪雨は、7月5日から本州付近に停滞する梅雨前線の活動が活発になり、中国地方では昭和47年7月豪雨以来の記録的な雨量を観測しまた。高梁川流域では ,時間雨量 20mmを超える比較的強い降雨が約15 時間継続するなど、7月5日 からの3日間の累加雨量は7月の月間平均総雨量の約2倍を記録しました。

 7月6日には、気象庁より大雨特別警報が発令され、岡山県では高梁川など3水系10河川で決壊と浸水が発生しました。総社市においても、日羽観測所で最大13.12mを記録した後、計測不能になるなど、氾濫危険水位(11.00m)を約2m超過する観測史上最高水位となりました。

 こうした記録的豪雨の中、総社市内の各地区において多発した浸水や土砂崩れにより、多くの人的被害や,家屋被害等による生活基盤へのダメージに加え、地域経済へも大きなダメージを及ぼす未曾有の豪雨災害となりました。

 

概況図



高梁川の水位は、降り続く雨に上流ダムの放流が相まって急上昇し、7月7日0:30日羽観測所で最高水位13.12mを記録した後、測定不能となった。

※高梁川水系では5河川12観測所で氾濫危険水位を超過した。


お問い合わせ

部署: 危機管理室
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8599
E-mail: kikikanri@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ