本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の文化・スポーツの中の文化・文化財の中の総社市文化協会からまちなか美術館
 
組織から探す
施設一覧

まちなか美術館

総社市が、岡山県を対象とするまん延防止等重点措置の対象区域となったことに伴い、9月14日(火)~9月23日(木)開催予定としておりました「まちなか美術館2021」につきましては、中止とさせていただきます。
本イベントを心待ちにしてくださっていた皆様方におかれましては、大変申し訳ありませんが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

来場される方へのお願い

  • 咳エチケット、マスクの着用、手洗い・手指の消毒
  • 人と人との距離(ソーシャルディスタンス)の確保
  • 発熱・せきなどの風邪症状がある場合は、ご来場をお控えください

会期・会場

令和3年9月14日(火)から、9月23日(木・祝)まで


開催時間:午前9時から、午後5時まで(9月18日(土)のみ午後9時まで)
会   場:総社商店街通り(総社市総社2丁目18-1 備中国総社宮周辺一帯)


チラシ

まちなか美術館チラシ表まちなか美術館チラシ裏


まちなか美術館チラシ (272kbyte)pdf


概要

 「暮らしの中で芸術・文化を楽しむ」をテーマに、まちなか美術館2021を開催します。
  総社の街を壁のない美術館に見立てて、商店街通りにさまざまな作品を展示します。
  歴史を刻んだ建物たち、路地裏に佇む小さな神社や大きな樹。古民家カフェ。お店の中にしっくりと馴染むアート作品。暮らしの中で芸術や文化に触れることの出来る場を目指しました。まち歩きをしながら、のんびりと作品をご鑑賞ください。

総社商店街通りとは

 JR東総社駅のすぐ南、国道180号線からさらに1本南の、東西に延びる通りが、総社商店街通りです。
 この通り周辺は、総社市の市名の由来にもなった総社宮の門前町として古くから栄えました。
江戸時代には備中松山藩主の参勤交代の経路にもなった交通の要衝で、宿場や飲食業で発展し、多くの豪商が店を構えていました。
 現在も、旧堀和平邸やまちかど郷土館など、江戸時代から明治にかけての建築物が活用されており、総社の歴史を今に伝える場となっています。


同時開催「あかりおひろい」

日時:9月18日(土) 午後6時から午後9時まで
この日は、まちなか美術館も時間を午後9時まで延長し、総社商店街通りにあんどんを設置する「あかりおひろい」と同時開催します。

駐車場のご案内

総社市総合文化センター(総社市中央三丁目1-102 
 
無料、アクセスはこちら 
 その他、JR東総社駅周辺のコインパーキング(有料)などをご利用ください。
会場周辺の路上や近隣店舗への駐車はご遠慮ください。


主催

 主催  総社市文化協会

お問い合わせ

 総社市文化協会事務局
 電話 0866―92―3491(総社市総合文化センター内)

 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ