本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中の税金の中の軽自動車税から軽自動車税の税制改正について
 
組織から探す
施設一覧

軽自動車税の税制改正について

 税制改正により、令和元年10月1日から自動車取得税が廃止され、軽自動車税に新たに「軽自動車税環境性能割」が創設されます。
 現行の軽自動車税は、「軽自動車税種別割」へと名称が変わります。
 この改正に伴い、軽自動車税は「環境性能割」と「種別割」の2つで構成されることとなります。
※消費税率10%への引き上げが平成29年4月1日から令和元年10月1日に2年半延期されたことにあわせて実施が2年半延期されたものです。

環境性能割(令和元年10月から創設されます。)

 環境性能割は、令和元年10月1日以後の自動車及び軽自動車の取得に対して適用され、新車・中古車を問わず取得された車両(取得価格が50万円を超えるもの)に対して、取得(登録)時に課税されます。


車種区分税率
自家用
営業用
・電気自動車
・天然ガス自動車(平成21年排出ガス10%低減達成又は平成30年規制適合)
非課税非課税    
・ガソリン車
・ハイブリッド車
(いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車又は平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限る)
2020年度基準+20%達成
2020年度基準+10%達成
2020年度基準達成1%
※(非課税)
0.5%
2015年度基準+10%達成2%
※(1%)
1%
上記以外2%
  ※ (自家用乗用車をR1.10.1~R3.3.31の間に取得した場合の税率)

     軽自動車税環境性能割税率表(岡山県税務課ホームページ)

普通自動車の環境性能割については、備前県民局税務部分室(自動車会館(運輸支局敷地内))(電話番号086-286-8770)にお問合せください。


普通自動車の種別割と環境性能割については、岡山県税務課のホームページをご参照ください。
http://www.pref.okayama.jp/page/620428.html(岡山県税務課ホームページ)


種別割(令和元年10月から現行の軽自動車税の名称が変わります。)

種別割は、毎年4月1日に所有し、登録のある軽自動車等に対して課税されます。


根拠法令

 地方税法
 市税条例

お問い合わせ

部署: 税務課 税政係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8238
E-mail: zeimu@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ