本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の医療・福祉の中の介護保険から障害者控除の対象者認定
 
組織から探す
施設一覧

障害者控除対象者の認定について

 障害者控除とは納税者本人または配偶者・扶養親族が「所得税法上の障害者」である場合に、確定申告の際、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
 この「所得税法上の障害者」の範囲については、所得税法施行令及び地方税法施行令に規定があります。市ではこれに基づいて以下の要件を満たすとき、障害者控除の対象者として認定しています。認定を受けるには、申請が必要です。
 「障害者控除対象者認定書」を税申告の際に提出いただきますと、所得税,市・県民税の控除を受けることができる場合があります。


申請方法


 障害者控除対象者認定
申請書に記入し、提出してください。
 申請は、対象者または対象者を扶養する親族の方、代理の方でも申請できます。代理の方が申請する場合は、委任状が必要です。

申請に必要なもの

障害者控除対象者認定申請書
対象者の介護保険被保険者証
申請者の身分がわかるもの(免許証、保険証など)
申請者の印かん
 障害者控除対象者認定申請書 (70kbyte)pdf
 委任状(18kbyte)pdf

障害者控除等対象者の認定対象

 障害者控除等対象者の認定対象となるのは、申請年分の12月31日時点で、要支援2又は要介護1から要介護5までに認定されている65歳以上の方で、介護保険の審査で使用している主治医意見書(以下「意見書」という)の障害高齢者の日常生活自立度(以下「寝たきり度」という)及び認知症高齢者の日常生活自立度(以下「認知症度」という)、認定調査票の「寝たきり度」並びに「認知症度」により、以下の基準で判定されます。
【参考】
障害者控除対象者認定事務取扱要領 (125kbyte)pdf

◎特別障害者として認定

  1. 「寝たきり者台帳」の登載者は、障害理由(3)ねたきり高齢者として認定 
  2. 要介護認定資料の意見書において、寝たきり度がB1以上に該当する者は、障害理由(2)身体障害者(1級,2級)に準ずるものとして認定 
  3. 意見書において、寝たきり度がA2で、かつ認知症度がM又はⅣの者は、障害理由(1)知的障害者(重度)に準ずるものとして認定 
  4. 意見書において、寝たきり度がA1以下で、かつ認知症度がM又はⅣの者は、障害理由(1)知的障害者(重度)に準ずるものとして認定

◎(普通)障害者として認定

  1. 意見書において、寝たきり度がA2で、かつ認知症度がⅢ以下の者は、障害理由(2)身体障害者(3級~6級)に準ずるものとして認定 
  2. 意見書において、寝たきり度がA1以下で、かつ認知症度がⅢの者は、障害理由(1)知的障害者(軽度・中度)に準ずるものとして認定 
  3. 意見書において、寝たきり度がA1以下で、かつ認知症度がⅡ以下の者は、認定調査票の寝たきり度がA2以上であれば、障害理由(2)身体障害者(3級~6級)に準ずるものとして認定 
  4. 意見書において、寝たきり度がA1以下で、かつ認知症度がⅡ以下の者は、認定調査票の認知症度がⅢ以上であれば、障害理由(1)知的障害者(軽度・中度)に準ずるものとして認定

お問い合わせ

部署: 長寿介護課
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8373
E-mail: choju@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ