本文へジャンプ

高齢者 住宅改造費助成


 家庭におられる高齢者の方が暮らしやすく、また、介護者の負担も軽減できるよう住宅環境を改善するための改造にかかる費用の一部を助成します。
※介護保険のサービスである「住宅改修費支給」(18万円限度)の上乗せとして行う事業です。

 【対象箇所】
  居住用住宅の浴室、便所、洗面所、玄関、廊下、階段、台所、居室

対象者

 介護保険制度において「要支援」または「要介護」と認定され、肢体不自由等により日常生活を営むうえで支障がある65歳以上の人。ただし、介護保険料が6~10段階の人は利用できません。

助成金額

 対象箇所の工事に要する費用の3分の2以内の額で、33万3千円を限度とします。
  (原則として同一住宅1回限り)


申請方法

 長寿介護課で事前に相談の上で、所定の申請を行っていただきます。
 ※工事着工前に、事前の調査等のため現地を訪問させていただきます。

根拠法令


手続様式


手続きの際に必要となる物


【工事前:申請書1、2)】 
  • 印かん 
  • 見積書 
  • 整備前写真 
  • 整備図面
     

【工事後:請求書】      
  •  印かん
  • 領収書
  • 整備後写真
  • 工事完成届

留意事項

 申請決定前に工事を開始したものは助成対象外です。
 工事完成後に領収書と整備後写真、工事完成届を添付のうえ、請求書を提出してください。


処理時間

 1週間程度