本文へジャンプ

生涯現役促進地域連携事業の実施について

 厚生労働省が実施する「生涯現役促進地域連携事業」に、総社市生涯現役促進協議会が提案した事業構想「いつまでも
働けるそうじゃ!人生の匠が産業と観光のマンパワーを担う」が平成29年3月27日に採択されました。
 事業実施期間は、平成29年4月3日から平成32年3月31日までの3年間です。


生涯現役促進地域連携事業とは

 高年齢者が地域社会で活躍できる環境を整備していくことを目的とし、高年齢者の雇用・就業促進に向けた地域の取組を
支援する厚生労働省の委託事業です。 
 平成29年度開始分の実施団体として総社市を含む全国20団体が採択されました。



総社市生涯現役促進協議会

 総社市生涯現役促進協議会とは、高年齢者の雇用機会を確保するため、市内関係機関から構成された協議会です。
 現在、総合相談窓口である「そうじゃ60歳からの人生設計所」の開設や高年齢者を対象とした就職面接会の開催、
各種セミナーなどを実施予定としております。最新の情報につきましては、協議会ホームページ(下記リンク参照)や
広報紙に随時掲載予定です。

 ○総社市生涯現役促進協議会のホームページ



そうじゃ60歳からの人生設計所

 働きたい・活躍したいと希望する高年齢者とハローワークやシルバー人材センターと仲介したり、ボランティアやセミナー
などを紹介したりしています。
 登録していただいた基本情報をもとに、事業所と相談者をマッチングさせ、定期的なフォローアップも行います。また、
高年齢者雇用に積極的に取り組むよう事業所に働きかけも行っています。

【お問い合わせ先】
 総社市中央一丁目1番3号 社会福祉法人 総社市社会福祉協議会内
 TEL:0866-92-8586



事業内容

 平成29年度は次の事業を実施する予定です。
  ○高年齢者雇用促進啓発メニュー
  ○高年齢者向け企業説明会
  ○先駆的事例講演会
  ○スキルアップセミナー
  ○各種セミナー
  ○農業者育成研修
  ○女性向け就業・創業サロン

 ※事業の内容や実施日時につきましては、協議会ホームページに随時掲載予定です。