本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の市政情報の中の組織・職員の中の職員から人事考課制度
 
組織から探す
施設一覧

人事考課制度の策定と実行


 総社市では、人材育成の観点から人事考課制度を導入しています。


制度策定までの経緯

 平成20年1月、まず、庁内委員を12名公募し、勉強会を行うなかで、平成20年2月12日に総務省、経済産業省を視察しました。
 そのとき、増田寛也総務大臣から「ぶれない軸を作って、根気強く時間をかけて総社流のよき制度を作るべきだ。総社市のように、前向きにがんばる市を総務省は応援する」と激励を受けました。
 
 平成20年4月18日、よりよい総社市を実現するための人事考課制度の策定を目指し、市内外の民間企業(協同組合ウイングバレイ、カルピス岡山工場、紀文食品岡山総社工場、JFEスチール西日本製鉄所、三菱自動車工業水島製作所、山崎製パン岡山工場)の人事労務実務者6人、岡山県立大学の教授1人、職員12人で構成する「人事考課制度策定委員会」(委員長:竹田正彦副市長)を設立しました。
 
 委員会は、4月から同年8月までの毎月1回、計5回開催し、市民サービスを向上するためには、職員のやる気・モチベーションを維持・向上させることが必要であり、そのためにはどのような制度が必要であるかなど、民間委員と庁内委員の間で活発な議論が交わしました。そして、民間のノウハウを取り入れて「総社市人事考課制度第1次試行」を実施しました。
 その試行結果等を踏まえ、第6回人事考課策定委員会を開催し、マイナーチェンジを行い、平成21年4月から第2次試行を全職員を対象に実施,平成22年4月から本格実施(第3次実施)を行いました。
 そして、人事考課制度研究委員会の開催、人事考課制度説明会、アンケートなどを行い、職員の皆さんの意見を盛り込み、「自ら考え自ら行動する職員」(総社市の目指すべき職員像)を育成し、組織目標の実現を図るとともに、市民サービスの向上を目指す制度として、現在「人事考課制度の手引き(第5次版)」を作成し、第5次実施を行っています。
 
 また第3次実施から本格実施を行っており、課長補佐級以上の職員に考課結果の処遇への反映を実施しています。
 考課結果を、「人材育成」、「任用管理」、「給与上の処遇」と密接に関連させ、活用することは、人材の有効活用を図り、努力が報われるようにしていくとともに、任用管理の客観性・透明性を確保し、職員のやる気やモチベーションの維持・向上につながっていくと考えたからです。

制度の手引き

 総社市人事考課制度の手引き(第5次版)1056KB添付ファイル

 今後も、マイナーチェンジや修正を繰り返し、それが適正に運用され職員の意識改革・人材育成が図られ、市民サービスが向上する、総社市流の人事考課制度を作り上げていきます。



お問い合わせ

部署: 総務課 人事係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8220
E-mail: soumu@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ