本文へジャンプ
 

観光地 文化・文化財モデルコースお土産・特産物イベント・その他


 
現在位置:HOMEの中の観光の中の観光地 文化・文化財の中の文化・文化財から備中神楽「吉備津」
 

備中神楽「吉備津」

備中神楽「吉備津」を見よう


 「吉備津」の演目は、温羅(うら)と吉備津彦命による温羅伝説をもとにした神楽です。 

吉備津


舞の紹介

 平成24年8月25日、総社市東公民館阿曽分館で行われた総社観光大学の公開講座で影社(総社市)が舞った「吉備津」の写真をもとに、吉備津を紹介します。

吉備津 

 岩山明神(いわやまみょうじん)が登場。岩山明神は、吉備国を治めていたが、新山に立てこもって民を悩ます温羅(うら)に困っていた。

    

吉備津 

 岩山明神の娘の内宮姫宮(ないぐうのひめみや)が登場。

    

吉備津 

 内宮姫宮は吉備津彦命に、「2本の矢を放てば、1本が温羅の矢と食い合い、もう1本が温羅に的中する」という策をさずけ、弓矢を渡す。

    

吉備津 

 内宮姫宮は、吉備津彦命に「軍略に功をたてよ」と伝える。

    

吉備津 

 おどろおどろしい声とともに温羅が登場。吉備津彦命は、吉備の地に入った。

    

吉備津 

 温羅と吉備津彦命が対峙する。

    

吉備津 

 幕をきって登上する温羅の地舞。

    

吉備津 

 温羅の背後から、そっと近づく吉備津彦命。

    

吉備津 

 スモットを交える温羅と吉備津彦命。

※スモット(棒術に使用される棍棒の代用品)

    

10

吉備津 

 スモットを交えながら温羅と吉備津彦命の戦いは激しくなる。

    

11

吉備津 

 隠れた温羅の気配を探る吉備津彦命。白い布は、血吸川(ちすいがわ)を見た立てている。

    

12

吉備津 

 吉備津彦命と同様に、温羅も吉備津彦の命の気配を探る。白い布は、血吸川を見た立てている。

    

13

吉備津 

 血吸川をはさみ、吉備津彦命と温羅は、弓を引き向かい合う。

    

14

吉備津 

 血吸川を挟んで、吉備津彦命と温羅は、弓を引きながら激しくぶつかり合う。

    

15

吉備津 

 弓矢を手放し素手で戦う。

    

16

吉備津 

 温羅と吉備津彦命は、相撲で戦う。

    

17

吉備津 

 温羅と吉備津彦命は刀で切りあいながら、戦いは続く。

    

18

吉備津 

 相手を見失い座り込んだ温羅。吉備津彦命はそっと後ろから近づく。温羅は降参する。

    

19

吉備津 

 降参した温羅は、吉備津彦命に吉備の系図をささげる。

    

20

吉備津 

 吉備津彦命は、温羅征伐を成し遂げ、温羅を守り神として祭った。


問い合わせ

 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
 総社市役所 商工観光課 観光プロジェクト係
 電話 0866-92-8277
 ファクシミリ 0866-92-8386
 Eメール syoukou@city.soja.okayama.jp

 このページの先頭へ
総社市btn_access
〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
TEL 0866-92-8200(代表) FAX 0866-93-9479
【法人番号】3000020332089
【開庁時間】8:30〜17:15(月曜日から金曜日) 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)は閉庁します。
【夜間・閉庁日の連絡先】TEL 0866-92-8200(休日・夜間受付窓口)
 著作権・リンクアクセシビリティ
copyright