本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中のくらし・生活・相談の中のマイナンバー制度から通知カードの再交付
 
組織から探す
施設一覧

通知カードの再交付

再交付できる場合

 通知カードは、次の場合に再交付申請をすることができます。
 なお、通知カードは転送不可の簡易書留郵便で住民登録地へ送付されます。

  • 紛失、焼失、著しく損傷した場合(有料:500円)
  • 追記欄の余白がなくなった場合または天災その他の本人の責めによらない場合(無料)
  • 職権消除、出国等でカードを返納し、新たに住民登録をした場合(無料)

通知カードの返却

 通知カードの紛失・盗難・焼失以外の場合は、再交付の申請時に通知カードを返却していただきます。
 窓口までご持参ください。


再交付の申請人

 本人(15歳未満の方は法定代理人)及び代理人


申請時に必要なもの

・通知カード(紛失・盗難・焼失以外での再交付のとき)
・印鑑 
・交付対象者の本人確認書類
  下記のうち、Aから1点またはBから2点が必要です。(スタンプ印は不可)

A(顔写真つきのもの) 運転免許証、在留カード、住民基本台帳カード、身体障害者手帳 など
B(顔写真のないもの) 健康保険証、後期高齢者健康保険証、介護保険証、年金手帳 など

代理人による申請


<本人と同一世帯の代理人の場合>
・通知カード(紛失・盗難・焼失以外での再交付のとき)
・印鑑 
・代理人の本人確認書類
  上記のうち、Aから1点またはBから2点が必要です。

<本人と同一世帯以外の代理人の場合>
・通知カード(紛失・盗難・焼失以外での再交付のとき)
・印鑑 
・本人の本人確認書類 
  上記のうち、Aから1点またはBから2点が必要です。
・代理人の本人確認書類
  上記のうち、Aから1点またはBから2点が必要です。
・代理権者の確認書類(委任状など)


マイナンバーカードの発行を希望する場合

 通知カードは個人番号を通知するためのものであり、本人確認書類にはなり得ません。
 顔写真入りのマイナンバーカード(個人番号カード)を発行することで、公的な身分証明書として活用できます。

 マイナンバーカードの申請方法について詳しくはこちらのページをご覧ください。⇒「マイナンバーカードの申請」


マイナンバーは一生使う大切なものです

 通知カードは、住所異動や戸籍の届出の際に必要であり、平成28年1月以降は、社会保障、税、災害対策のさまざまな行政手続を行なう際に必要となり、通知カードがなければ手続に支障などが生じます。
 また、マイナンバーは本人以外にはお知らせできない大切な内容です。くれぐれも通知カードを失くさないよう大切に保管してください。なお、万一、通知カードを失くした場合には市民課戸籍住民登録係までお問い合わせください。
 

  
ロゴ



お問い合わせ

部署: 市民課 戸籍住民登録係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8247
E-mail: shimin@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ