本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の子育て・教育の中の赤ちゃん・子どもの中の保育所・幼稚園・認定こども園・地域型保育事業の中の保育所(園)から育児休業中の保育所等の継続利用
 
組織から探す
施設一覧
保育所(園)

育児休業中の保育所(園)・認定こども園・地域型保育事業の継続利用

 平成28年4月から、育児休業中の方でも下記の条件に該当する場合、保育所(園)・認定こども園(保育部)・地域型保育事業を継続して利用することが可能となります。
 継続利用を希望する人は、条件等を確認のうえ、現在利用中の保育所(園)に申し出てください。


利用対象者

 利用を希望する人は、次の条件をすべて満たすことが必要です。
  (1) 平成28年4月1日の時点で、保育所(園)・認定こども園・地域型保育事業を利用していること。
  (2) 保護者の育児休業開始日が平成28年4月1日以降であること。
       ※「育児休業」とは…会社の育児休業制度を利用して休業する場合をいいます。
                   次の①・②の証明書が必要です。
       ① 就労(予定)証明書(育児休業の記載があるもの)
       ② 次の書類のうちのどれか
          ・辞令(育児休業を取得する旨の記載があるもの)
          ・「育児休業給付受給資格確認通知書」(ハローワーク発行のもの)
  (3) 保護者と同一世帯の子どもに係る保育料に滞納がないこと。
  (4) 保護者が育児休業中も継続して保育所(園)・認定こども園・地域型保育事業の利用を希望していること。

利用方法について

  (1) 産前休暇前まで
    就労(予定)証明書の「育児休業取得の状況」の欄を含め、勤務先ですべて記入してもらい、産前休暇取得前
   までに提出してください。なお、すでに提出した書類に、育児休暇取得の状況が記載されている場合は、再提出
   の必要はありません。
  (2) 出産後
    お子様を出産されたら、出生届の提出にあわせて、こども夢づくり課にご連絡ください。
    「育児休業を取得する旨が記載された辞令」又は「育児休業給付受給資格確認通知書」を提出してください。

  ※ 利用申請書を提出後、妊娠・出産の予定が分かった場合は、総社市支給認定変更申請書に①を添えて、提
   出してください。

利用制限について

 利用に当たっては、以下の制限があります。
  (1) 支給認定は保育短時間認定となります。
  (2) 原則、延長保育・休日保育は利用できません。
  (3) 保育料の滞納が発生した場合は翌月で退所していただきます。


参考

 ・パンフレット(保護者の育児休業中に継続利用が可能になりました)  (105kbyte)pdf
 ・育児休業中の継続利用について Q&A (46kbyte)pdf

お問い合わせ

部署: こども夢づくり課
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8265
E-mail: ed-kodomo@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ