本文へジャンプ

特別の理由による任意予防接種費用の助成


 総社市では、骨髄移植手術等の理由により、今まで受けた定期予防接種の効果が期待できないと医師より判断された方に対し、経済的負担の軽減並びに疾病の発生及びまん延を防ぐため、平成31年4月1日より再度の予防接種にかかる費用について、一部助成を開始しました。

対象になる予防接種

 A類疾病の予防接種
 (B型肝炎、Hib感染症、小児用肺炎球菌、四種混合、二種混合、BCG、麻しん、風しん、水痘、日本脳炎、HPV)

対象者

 骨髄移植手術等の理由により、今まで受けた定期予防接種の効果が期待できないと医師より判断された方
 (予防接種の種類により、対象となる年齢が異なります。詳しくは、こども課までお問い合わせください。)

助成方法

 予防接種を受ける前に、申請が必要です。申請後、認定された場合は、接種後医療機関にいったん接種費用全額を支払ってから、市役所窓口へ償還給付請求することにより、助成を受けることができます。

償還給付申請期限

 予防接種を受けた日から3年以内