本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の子育て・教育の中の赤ちゃん・子どもの中の吉備医師会からのお知らせから「風しんが流行しています!!」(2013年5月)
 
組織から探す
施設一覧
吉備医師会からのお知らせ

風しんが流行しています


 全国的に風しんが大流行しています。
 風しんと報告された人の7割以上が男性で、20~40代のワクチン未接種の男性が流行の中心となっています。
 感染力はインフルエンザの5倍と言われており、治療法はなく、脳炎や紫斑病など重篤な合併症を起こすこともあります。
 
 また、20~40代の女性の約15%は、風しんへの十分な免疫をもっていません。
 妊娠中、特に妊娠20週頃までに風しんにかかると、赤ちゃんに耳が聞こえなくなる、心臓に奇形が生じる、目が見えにくくなるなどの障がい(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。

 風しんは、ワクチン接種で予防でき、1回接種で95%以上効果があると言われています。
 妊婦は風しんの予防接種ができませんので、妊娠前の女性や、パートナーをはじめとした周囲の人は、予防接種を受けることを御検討ください。

 なお、風しんの予防接種を受ける場合は、風しんと同時に麻しんも予防できる、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種をお勧めしています。
 予防接種を検討されたい人、受けたい人はかかりつけ医に御相談ください。

 <参考>(国立感染症研究所感染症疫学センターのページへリンク)
   
風しんとは
   先天性風しん症候群とは
   風しんQ&A




お問い合わせ

部署: こども課 母子保健係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8261
E-mail: kodomo@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ