本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中の防災・防犯の中の防災の中の防災対策から風水害に備える
 
組織から探す
施設一覧

風水害に備える

梅雨・集中豪雨

 梅雨の時期では、梅雨前線による大雨や長雨などにより、河川の氾濫や土砂災害が発生しやすくなります。中でも短時間に狭い地域に集中して降る「集中豪雨」には特に注意が必要です。集中豪雨は突発的に降るので予測が困難であり、ときに大きな被害をもたらすことがあります。少しでも危険を感じたら自主的に避難するようにしましょう。

台風

 台風は、接近する時期や規模、雨の量などを予測することが可能です。また、台風が通過する地域では、進路の左より右側の方が強風になる傾向があります。こうしたことを踏まえて、事前に対策を行うことにより、被害を最小限におさえることができます。
 日ごろから万一の場合に備え、家の周辺の点検や、飲料水や非常食などの非常持出品などの準備をしておきましょう。台風が近づいてきたら、テレビやラジオなどで情報を収集し、いつでも適切な対応ができるようにしましょう。

風水害で家のまわりで必要な対策を示したイラスト

土砂災害

 次の土砂災害に注意しましょう。 

  1. 土石流
        土石と水が一体となって流れ落ちる現象。「山津波」「鉄砲水」といわれたりします。
        【前触れ】
        ・山鳴りや木立の裂けるような音、ドンというような音がする。
        ・雨が降り続いているのに、川の水が急に減り始める。
        ・川の水が濁ったり、流木が流れてきたりする。

     
  2. 斜面崩壊
        崖の斜面が突発的かつ急速に崩れてくる現象。
        【前触れ】
        ・小石がぱらぱらと落ちてくる。
        ・がけから水が湧いてくる。
        ・がけにひび割れができる。

     
  3. 地すべり
        粘土などのすべりやすい層を境に、その上の土がそっくり動き出す現象。
        【前触れ】
          ・地面にひび割れができる。
          ・地面の一部が陥没する。
          ・がけや斜面から水が噴出す。
          ・井戸などの水が濁る。



お問い合わせ

部署: 危機管理室
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8599
E-mail: kikikanri@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ