本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の医療・福祉の中の健康・医療の中の予防接種・感染症の中の感染症情報から腸管出血性大腸菌感染症注意報
 
組織から探す
施設一覧

腸管出血性大腸菌感染症注意報

気になる症状があるときは、医師の診断を


 腸管出血性大腸菌(O157等)感染症注意報が発令されました。

 平成29年7月5日付けで、「腸管出血性大腸菌感染症注意報」が発令されました。
 現在岡山県内で、腸管出血性大腸菌感染症の患者さんが多数発生しています。次のことに気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう!



「腸管出血性大腸菌」とは

 大腸菌の多くは、人や動物の腸内に住んでいて、一般的には病気の原因になることはありません。
 しかし、O157に代表される腸管出血性大腸菌は、腹痛や血便などの症状を起こすだけでなく、乳幼児や高齢者では、貧血や尿毒症を併発して、命にかかわることもあります。この菌は、牛などの家畜の腸管にいることがあり、そのふん便がさまざまな経路で食品や水等を汚染することが感染の原因につながると考えられています。
 また、患者さんの便を介して、人から人に感染したり、食品を不衛生に取り扱ったために、食品から食品へ菌が移ってしまい、感染が広がることがあります。


 予防方法


  • 調理前、食事前、用便後、動物を触った後等は、手をよく洗いましょう。
  • 台所は清潔に保ち、まな板、ふきん等の調理器具は十分に洗浄消毒をしましょう。
  • 生鮮食品や調理後の食品を保存するときは、冷蔵庫(10℃以下)で保管し、早めに食べましょう。
  • 食肉など加熱して食べる食品は、中心部まで火を通すとともに、焼き肉などの際は、生肉を扱うはしと食べるはしを使い分けましょう。
  • 乳幼児や高齢者等、抵抗力の弱い人は、生で肉を食べないようにしましょう。

 気になる症状があるときは、医師の診断を受けましょう


  • 主な初期症状は腹痛、下痢などで、更に進むと水様性血便になります。

 患者からの二次感染に気をつけましょう


  • 二次感染を防止するため、患者の便に触れた場合は、手をよく洗い消毒をしましょう。
  • 患者が入浴する場合は、シャワーのみにするか、最後に入浴するなどしましょう。
  • 患児が家庭用ビニールプールで水浴びをする場合、他の幼児とは一緒に入らないようにしましょう。
  • 患者が衛生に配慮すれば、二次感染は防止できますので、外出の制限等は必要ありません。

お問い合わせ

部署: 健康医療課 健康増進係
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8259
E-mail: kenkou@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ