本文へジャンプ

マダニが媒介する感染症について

咬まれた場合は、速やかに医療機関を受診を


 野外に生息するマダニ類は、比較的大型(3~4ミリメートル)のダニで、硬い外皮に覆われており、吸血すると10~15ミリメートルになります。夏から秋にかけて活動が盛んになり、動物の体液を吸うことで生活環が成りたっています。
 人が野外作業や農作業、アウトドアのレジャー等で生息場所に立ち入ると、マダニに咬まれることがあります。マダニがウイルスや細菌などを保有している場合、咬まれた人が重症熱誠血小板減少症候群(SFTS)など病気を発症することがあり、重篤な場合は死に至ることもあります。
 野外へ出かける時は、マダニ対策を行なうとともに、咬まれた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

予防方法

  1. 草むらや藪等に入る際は,明るい色の衣服で、長袖・長ズボン・手袋・長靴等を着用をして肌の露出を少なくしましょう。また、虫除けスプレー等を使用し、草むらや藪・森林で長時間、地面に寝転んだり座ったりするのは止めましょう。
  2. 帰宅後は、マダニに刺されていないかを確認し、体をよく洗い、着ていた服はすぐに洗濯するか屋外で天日干ししましょう。

マダニに咬まれたら場合の対処方法

 マダニは人や動物に取り付くと、皮膚にしっかりと口器を突き刺し、数日~10日間吸血します。

  1. 吸血中のマダニを見つけた場合は、無理に引き抜くとマダニの一部が皮膚に残ってしまい、化膿する事があるので、自分で取ろうとせず、できるだけ医療機関で処置しましょう。
  2. 野外でダニに咬まれた後、数日~2週間して発熱、消化器症状(腹痛、嘔吐など)、発疹等の症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

岡山県内の感染症情報