本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の医療・福祉の中の健康・医療の中の予防接種・感染症の中の感染症情報から新型コロナウイルスに関連した感染症について
 
組織から探す
施設一覧

新型コロナウイルスに関連した感染症について

 中国において新型コロナウイルス感染症の発生が報告されて以降、日本を含め世界各地で、患者の発生が報告されています。現在、厚生労働省や岡山県において情報の収集及び公表が行われています。



総社市「新型コロナウイルス感染症対策室」(3月5日新設)

 新型コロナウイルス感染症対策を、市民に寄り添いながら総合的に推進するため、「新型コロナウイルス感染症対策室」を設置しました。
 市の司令塔として対策の総合調整に当たるのと同時に、市民のための総合相談窓口(コールセンター)を設けて相談に対応します。


 【相談窓口】  (358kbyte)pdf  
  ○感染症の症状・疑いに関する相談
  
    備中保健所「帰国者・接触者相談センター」 [平日9:00~17:00] 086-434-7072
                               [上記以外] 086-434-7024

  ○総社市 新型コロナウイルス感染症 総合相談窓口(コールセンター)


    ≪電話番号≫ 
①市の対策に関すること0866-92-8380(24時間)
②学校の休校に関すること0866-92-8358(学校教育課)
③幼稚園の休園に関すること0866-92-8265(こども夢づくり課)

    ≪受付時間≫3月末まで
     24時間対応(土・日・休日を含む) 
 
     ※営業時間外や土・日・休日は、電話転送により職員が携帯電話で対応

市民のみなさまへ外国人(がいこくじん)のみなさまはこちらをみてください


  • 感染症予防のため、咳エチケットや手洗いなどを徹底してください。
  • 発熱や風邪などの軽い症状が出た場合には、学校や会社を休んで自宅で療養してください。
  • 次の症状がある方は、決して我慢することなく直ちに備中保健所「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

●風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上つづく(解熱剤を飲み続けなければならない時を含む)
●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある


※高齢者、基礎疾患のある方(糖尿病、心不全、呼吸器疾患、透析、抗がん剤投与者の方など)、妊婦の方は、上記症状が2日程度続く場合には早めにご相談ください。


  • 閉鎖空間において近距離で多くの人と会話をする等の環境下では、咳くしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがありますので、そのような環境に行くことをできる限り回避してください。

 ※イベント中止などのお知らせはこちら
 ※新型コロナウイルス感染予防に伴う各種証明発行・住所異動等の取り扱いについてはこちら
 ※妊産婦さんへのマスク無料配布(3月5日(木)から)はこちら
 ※“総社デニムマスク″の販売状況はこちら
 ※総社市役所図書館からのお知らせ
 ※所得税の確定申告・個人市県民税・国民健康保険税の申告についてはこちら
 ※新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へのご案内はこちら
 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のための軽自動車税種別割の課税上の取扱いについてはこちら

  ※生活資金でお悩みの方への特例貸付の実施についてはこちら



【相談先】
厚生労働省 新型コロナウイルス感染症
電話相談窓口
0120-5656539:00~21:00
岡山県 新型コロナウイルス感染症
電話相談窓口
086-226-7877平日9:00~21:00
土日祝日9:00~17:00
岡山県
帰国者・接触者相談センター
(備中保健所)
086-434-7072平日9:00~17:00
086-434-7024 上記以外
総社市役所 新型コロナウイルス感染症対策室
        ①市の対策に関すること
        ②学校の休校に関すること
        ③幼稚園の休園に関すること

   0866-92-8380 (24時間)
   0866-92-8358 (学校教育課)
   0866-92-8265 (こども夢づくり課)



学校園等について



事業者のみなさまへ



医療機関のみなさまへ



総社市新型コロナウイルス感染症対策本部(3月4日設置、本部長:市長)


総社市新型コロナウイルス感染症緊急経済対策会議

第1回対策会議(3月30日開催)

 新型コロナウイルス等から、市民の生命と健康を守り、市民生活や経済への影響を最小限に抑えることができるよう、市・市民・事業者の責務を定めるとともに、発生またはその恐れがあるときに、マスクや消毒液等の配布及び協力医療機関等に対する支援、教育委員会に対する必要な措置の要求、市有施設の利用制限などの対策を定めた条例が令和2年3月19日に可決され、即日施行されました。



これまでの総社市の取り組み

総社市感染症専門家会議(3月20日開催)


総社市新型インフルエンザ等対策条例について

 新型コロナウイルス等から、市民の生命と健康を守り、市民生活や経済への影響を最小限に抑えることができるよう、市・市民・事業者の責務を定めるとともに、発生またはその恐れがあるときに、マスクや消毒液等の配布及び協力医療機関等に対する支援、教育委員会に対する必要な措置の要求、市有施設の利用制限などの対策を定めた条例が令和2年3月19日に可決され、即日施行されました。


新型コロナウイルス関連肺炎に関する連絡会議【第2回】

 令和2年2月26日(水)、総社市総合福祉センターで、地域の関係機関と連絡会議を開催しました。全国で感染が報告されている新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、各関係機関が感染症対策に全力を期すことができるよう、最新情報を共有するとともに、25日に政府が決定した基本方針も踏まえた対応方針を確認しました。会議資料 (877kbyte)pdf


新型コロナウイルス関連肺炎に関する連絡会議【第1回】

 令和2年1月30日(木)、総社市総合福祉センターで、新型コロナウイルス感染症に関する情報共有を図るとともに今後の対応方針を確認するため、地域の関係機関と連絡会議を開催しました。



マスクの無料配布

 新型コロナウイルス関連肺炎の国内患者発生により、市内においてマスクが不足している状況を危惧し、市民の安全・安心を守るため、市が防災用に備蓄していたマスク約50万枚を、2月5日(水)から市民の皆様や福祉施設、教育施設、医療機関等に無料配布しました。

   

関係機関のホームページ

お問い合わせ

部署: 健康医療課 健康増進係
住所: 〒719-1192 総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8259
E-mail: kenkou@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ