本文へジャンプ

HPV検査費用の助成(子宮がん検診併用)


 総社市では、子宮頸がんの主原因であるヒトパピローマウイルス感染の有無を調べるHPV検査に係る費用の一部助成を開始しました。
 詳しい検査内容はこちら *HPV検査チラシ (305kbyte)pdf

対象者

 総社市に住民登録をされている、20歳~41歳の女性で
 医療機関健診で子宮がん検診に併用してHPV検査の受診を希望される方


自己負担額

  2500円  (市の助成額 2600円)
  *別途子宮がん検診費用(2600円)がかかります

助成方法

実施医療機関〇くにとみクリニック(住所:総社市門田78-1 電話番号:92-0255)
〇谷口レディスクリニック(住所:総社市真壁213 電話番号:94-3300)
持参物
〇がん検診等受診はがき
〇健康保険証(本人確認のため)
〇子宮がん検診クーポン券(対象の方には5月に送付しています)
注意事項・市の集団検診で子宮がん検診を受診後、医療機関でHPV検査のみを受診することはできません。
 HPV検査を受診希望の方は医療機関にて子宮がん検診と併用で受診してください。