本文へジャンプ

11月は糖尿病予防月間です!
~糖尿病予防 国分寺ブルーライトアップについて~

 総社市と岡山県糖尿病協会による啓発イベントの一環として、全国糖尿病週間の期間中、備中国分寺五重塔をブルーにライトアップします。


11月14日は「世界糖尿病デー」です!

世界糖尿病デーとは・・・

         

 11月14日の世界糖尿病デーは、世界に広がる糖尿病の脅威に対応するため、1991年に国際糖尿病(IDF)と世界保健機関(WHO)が制定し、2006年に国連によって公式に認定されました。平成28年度国民健康・栄養調査によると、現在日本には、約2000万人の糖尿病患者および予備軍がいると推定されています。この機会に、糖尿病の予防や治療継続の重要性について考えてみましょう。

                  

糖尿病週間に国分寺をブルーにライトアップします

日時

  • 11月9日(月)~11月15(日)
  • 18時から22時まで

場所

  • 備中国分寺

糖尿病予防について

 血糖値が高い状態が続くと気づかないうちに、血管が傷つきます。血糖値が高くても自覚症状は現れないため、高血糖の状態が放置されると糖尿病となり、やがて合併症を引き起こす危険があります。次のことに気を付けて、糖尿病を予防しまょう!

  • 健診を受けましょう!(まずは、ご自身の健康状態を把握)
  • バランスの良い食事を心掛けましょう
  • 野菜から食べましょう(血糖値の上昇が緩やかになります)
  • 適度な運動で体も心もリフレッシュ

チュッピーのYouTubeに掲載されました!