本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中のごみ・し尿・リサイクルの中のごみの中の災害ごみ・被災家屋の解体などについてから災害ごみについて
 
組織から探す
施設一覧

災害ごみについて

お知らせ

 【吉備路クリーンセンター災害廃棄物仮置き場の閉鎖について】
  令和元年12月30日(月)で総社市と倉敷市で設置している吉備路クリーンセンター災害廃棄物仮置場を閉鎖します。
  平成30年7月豪雨により生じた廃棄物(片付けゴミ)については、罹災証明書をお持ちの上、令和元年12月30日(月)までに搬入してください。
    閉鎖までの期間はこれまで通り、毎週水曜日を除き、午前8時半から午後5時まで搬入可能です。


令和2年1月からは分別をして、下記①か②の方法で災害ごみを出してください

  ①通常の家庭ごみと同じように分別をして、地域のごみ集積所へ出す。(市指定ごみ袋を利用)
  ②ご自身で吉備路クリーンセンターへ搬入して、指定場所へ降ろす。分別をして搬入してください。
   搬入可能時間:月~金曜日 9時~16時
             第1、第3、第5土曜日 9時~11時   
   (当分の間、罹災証明書の提示で処理料は減免となります。搬入できないものがありますので、下記の注意事項をお読みください)

 ➡分別ができない状態など、①②の方法で出すことができない場合は、総社市環境課までお気軽にご相談ください。
 ※閉鎖する仮置場地内の一部に倉敷市が新たに設置する仮置場がありますが、そちらへ搬入しないようご注意ください。



注意事項など

【家屋をリフォーム・解体して生じた廃棄物】
 リフォーム業者が補修・改修工事を行って生じた廃棄物は「産業廃棄物」に該当するため、吉備路クリーンセンター及び一般廃棄物最終処分場に持ち込むことはできません。
※業者のトラックに所有者が同乗する場合でも、持ち込みはできません。

【土砂、がれき等】
 一般廃棄物最終処分場へ所有者自身で持ち込んでください。この際、「り災証明書(原本)」を提示してください。(業者が持ち込む場合、または業者のトラックに所有者が同乗する場合はお受けできません。)

【処理困難物(タイヤ、廃油、農機具、バッテリー、消火器等)、特定家電(テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫及び冷凍庫、衣類乾燥機)】
吉備路クリーンセンターや一般廃棄物最終処分場へは搬入できません。個別に対応させていただきますので、環境課美化推進係(☎92-8338)へご連絡ください。
※特定家電については、12/30(月)まで開設している災害廃棄物仮置場への搬入は可能です。


吉備路クリーンセンター

【搬入できるもの】 
可燃ごみ、不燃ごみ、可燃粗大、不燃粗大、畳、資源ごみ

【分別の仕方】
※可燃ごみと不燃ごみは、ビニール袋に入れてください。
 透明・半透明であれば、市の指定ごみ袋である必要はありません。

【所在地】 
倉敷市真備町箭田481


最終処分場

【搬入できるもの】
土砂、瓦、土壁、ブロック、ガレキ、コンクリート等

【受付時間】 
午前9時から午後4時まで
(月~金曜日、第1・第3日曜日)

【所在地】 
総社市下倉3740、3784

【電話】
0866-99-2130


お問い合わせ

部署: 環境課 美化推進係
住所: 〒719-1172 総社市清音軽部1135番地
電話番号: 0866-92-8338
E-mail: kankyo@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ