本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中のくらし・防災・環境の中の上下水道の中の上水道の中の防寒対策
 
組織から探す
施設一覧
防寒対策

水道管などの防寒対策

防寒対策をして、凍結による水道管などの破損を未然に防ぎましょう


 

冷え込みに注意を

 気温がマイナス3度以下(風あたりの強い所はマイナス1度~2度)になると、水道管が凍結して水が出なくなったり、破裂することがあります。
 水道管や給湯機器などを点検し、十分な防寒対策をしておきましょう。

凍りやすい水道管など

 次のような物には、防寒対策が必要です。

  • 風あたりの強い、屋外にある水道管・バルブなど
  • 北側の日陰にある水道管・バルブなど
  • 給湯機器等の屋外設置機器

防寒の仕方

 ①水道管・バルブなどには、右の図のように保温材を巻きます。 口が破裂しやすいので上まで完全に包んでください。
 
 身近なものとして毛布、布などでも代用できます。毛布や布をひもでしばり、上からビニールなどを巻いて、濡れないようにしてください。
 水道管の凍結防止の方法

 給湯器などを長期間使用しないような場合は「水抜き」をしてください。
  詳しくは設置業者へお問い合わせください。


水道管が凍ってしまったら

  • 蛇口を開け、自然にとけるのを待つ。(水が出たら蛇口はすぐに閉めてください。)
  • 凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけてとかす。(いきなり熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。)

凍結で水道管が破裂したら

 まず、破裂した部分に布、テープなどをしっかり巻き、応急的に止水をします。
 そして、メーターボックス内の止水栓を閉めて水を止めたうえ、修理を依頼してください。

凍結による水道管や蛇口の修理の依頼は

  • 宅地内の修理は、自己負担となります。総社市指定給水装置工事事業者へ連絡してください。
     (広報そうじゃ記載の水道修繕当番、市ホームページを参照してください。)
     ※アパートなどの場合は、大家さん、管理会社などへ連絡してください。 
  • 給湯器などは設置業者等へ連絡してください。(自己負担となります。)

お問い合わせ

部署: 上水道課 業務係
住所: 〒719-1172総社市清音軽部1135番地
電話番号: 0866-92-8326
E-mail: suidou@city.soja.okayama.jp

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ