本文へジャンプ

総社市への移住・定住のご案内

移住するなら総社市へ!

移住するなら総社市へ

→ 総社市移住・定住パンフレットはこちら 


総社市 基本データ 【平成29年3月31日現在】

    
人 口68,237人
世 帯26,631世帯

平均気温16.5℃保育園13園小学校15校
公共交通7駅(3路線)幼稚園17園中学校4校
病院・診療所43院認定こども園1園高  校2校
大  学1校


総社市エリア別紹介




総社市内の土地・建物・賃貸住宅をお探しの方へ



先輩移住者の声

下村さん

愛媛県から総社市へ移住された下村さん

下村直史さん 妻・江里子さん

職業:モモ農家
年代:30代
世帯構成:夫婦・子2人
移住年:2011年2月(愛媛県→総社市小寺)

増田さん

東京都から総社市へ移住された増田さん

増田進介さん 妻・亜裕己さん
職業:自営業
年代:30代
世帯構成:夫婦・子1人
移住年:2015年5月(東京都→総社市中尾)

『おかやま昭和暮らしプロジェクト』
高齢化が進む総社市北部の昭和地区で活動する移住支援団体。
東日本大震災後に総社市へ移り住んだ先輩移住者たちが地元住民団体などと連携し、移住を考えている方のご縁づくりや空き家の紹介などのコーディネートを行います。
移住に関する不安や心配も、先輩移住者だからこそのアドバイスで解消に導いてくれます!
詳しくは下記リンクから。



総社市に関するQ&A

 

Q.小さな子どもがいます。子育て支援や教育環境について教えてください。

 

A. 「子育て王国そうじゃ」の名に恥じない徹底した支援体制!現在、市内の保育所待機児童数はなんとゼロ!
また、幼稚園・小学校・中学校が連携し、一貫性のある特別な英語教育を提供する英語特区など、子どもたちにとって絶好の教育環境です。



 Q.市内の企業や求人、雇用状況はどうなの?

A. 雨の少ない温暖な気候や災害が少ない土地柄のため、JRや高速道路、空港の利便性が高く中四国の物流拠点となる施設や食品製造工場が近年数多く総社市へ進出しています。
また、空き店舗や空き家を改修して新たに事業を行う創業者に対する補助金制度もあります。



Q.交通の利便性が気になるんだけど…?

A. 岡山市・倉敷市と隣接し、公共交通は7駅(3路線)が通っているためアクセスがよく利用しやすい環境です。
さらに、市内全域を300円で移動できる予約型乗合タクシー「雪舟くん」もあり、お年寄りの通院や子どもたちの塾の行き帰りなども安心・便利です。



Q.総社市の地価はどれくらいなの?

A. 交通の利便性が高い地域でありながら地価は安く、居住地として最適なエリアです。
 平成29年 総社市地価:31,700円/㎡(岡山県平均:43,300円/㎡)   
 【平成29年1月1日 地価公示価格データによる】



Q.実際に移住を考えているけどなにか支援制度はあるの?

A. 対象地区(昭和・池田・新本・山田地区)に住宅を新築又は購入若しくは賃貸借して定住する人に対して、祝い金や生活環境整備助成金、新築又は購入助成金を助成する「定住促進助成金制度」があります。




ちょうどいいまち総社ふるさとナビ(移住定住促進)

 総社市への移住・定住促進をテーマとした映像です。ナビゲーターが市内をエリア別に紹介し、そうじゃ暮らしの雰囲気をお伝えします。市民や東京から移住した方の声も聞くことができます。

 ちょうどいいまち総社 移住定住促進ビデオ 
 

ちょうどいいまち 総社ふるさとナビ
画像をクリックしてください。
(youtubeで再生します)

 
                                 

 セールスポイントその1  歴史ロマンが薫るまち 
 セールスポイントその2  県内2大都市へアクセスしやすいまち 
 セールスポイントその3  安心して子育てができるまち 
 セールスポイントその4  安全・安心な食材が手に入るまち 
 セールスポイントその5  生活に便利な公共交通があるまち