本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の福祉課 からひきこもりサミット
 
組織から探す
施設一覧
福祉課
  • 障がい者千人雇用
  • 手当・年金など
  • 医療助成
  • 日常生活の支援
  • 交通・移動の支援
  • コミュニケーション支援
  • 障害者手帳の交付
  • 計画
  • 障がい者福祉のしおり
  • 生活に困ったら
  • 民生委員児童委員・主任児童委員
  • 社会福祉法人
  • 総社流バリアフリーマップ
  • ひきこもり・権利擁護
  • ひきこもりサミット

全国ひきこもり支援基礎自治体サミットinそうじゃ
全国ひきこもり支援フォーラム

今こそ、ひきこもり支援の必要性を全国へ!!

 
ひきこもりサミット
1 

  開催趣旨 
 わが国では、生活困窮者自立支援事業の本格実施から4年目を迎え、8050 問題等を端緒に、地域では、ひきこもりがキーワードとして大きくクーローズアップされ、ひきこもりに特化した支援体制の構築の必要性が明らかになりつつあります。
 ひきこもり支援は、実態把握、相談、就労など多種多様な人材が寄り添いながら、細やかで継続的に支援する地域力が求められるため、住民に最も身近な基礎自治体こそが実施主体として取り組む必要があると考えます。全国では、ひきこもりや不登校への支援について、独自事業として先駆的に、教育機関や社会福祉協議会など住民に身近な支援機関と一体的に取り組む基礎自治体が現れてきています。
 親の会、当事者の会、自治体・福祉関係者の会が三位一体となれば、この状態をどうにかしたいと苦悩するひきこもり者を一人でも多く社会参加につなげるお手伝いが効果的にできると思われます。
 今こそ、このようなひきこもり支援に積極的に取り組む基礎自治体の首長が一堂に結集し、基礎自治体でひきこもり支援を行う意義や必要性とその限界を共有すすことで、これからの取り組みの方向性や具体的方策を明らかにし、その必要性を全国に発信していくことを目指しサミットを開催します。


  • 日 時    令和元年8月26日(月) 12:00~
  • 会 場    岡山県立大学 講堂(岡山県総社市窪木111)
  • 定 員    650名
  • 参加費   無料
  • 申 込    定員に達したため、締め切りました
  • 内 容   12:00~ オープニング                 
                  第1部 (首長サミット)

          13:00~ 第2部 (基調講演)
                         
                 演題 「 地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加、協働の推進 」
                  講師   宮本 太郎 氏 (中央大学 法学部 教授)

           14:00~ 第3部 (フォーラム)

  • 事務局   総社市保健福祉部福祉課(℡0866-92-8264)
            社会福祉法人総社市社会福祉協議会
           総社市ひきこもり支援センター「ワンタッチ」(℡0866-92-8597)
        
  • 主 催   総社市、社会福祉法人総社市社会福祉協議会,総社市ひきこもり支援等検討委員会

サミットの詳細はこちらから (総社市社会福祉協議会HP
      ↓↓
http://www.sojasyakyo.or.jp/infomation/hikikomori/1355

お問い合わせ

部署: 福祉課 福祉総務係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8264
E-mail: fukushi@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ