本文へジャンプ

自立支援医療(育成医療)


 身体に障がいのある18歳未満の方が,障がいを取り除いたり、また軽くするために必要な医療を、指定医療機関で受ける場合にその医療費が助成されます。
 ただし、世帯の市町村民税課税状況等により対象外となることがあります。

対象者

 身体障害者手帳をお持ちの方
 現在の疾患を治療しなければ将来障がいを残す恐れが高い方(18歳未満)

費用負担

 原則1割負担です。
 ただし、世帯の市町村民税課税状況等により自己負担上限額が設定されます。 

根拠法令

 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律

手続様式

 自立支援医療(育成医療)支給認定申請書 (65kbyte)pdf 
 同意書 (66kbyte)pdf
 自立支援医療(育成医療)意見書 (47kbyte)pdf

手続きの際に必要となる物

  • 身体障害者手帳(お持ちの方)
  • お子様と同じ保険に入っている方全員の健康保険証
  • 特定疾病療養受領証(透析治療を受けている方のみ)
  • 市町村民税課税証明書(1月1日時点で総社市に住所のない方)
  • 印かん