本文へジャンプ

ヘルプマーク・ヘルプカードの交付


ヘルプマークとは

 知的障がいや聴覚障がい、内部障がいや難病、妊婦の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からでは分かりづらい人の人に配慮を必要としていることを知らせるためのものです。 また、いざというときに手助けしてもらいたいことや自分の情報を記載する「ヘルプカード」もあわせて交付します。


ヘルプマーク

 

ヘルプカード
 

ヘルプカード(見本) (120kbyte)pdf

            

ヘルプマークを身に着けた人がいたら

災害時には、安全に避難するための支援をお願いします

 視覚障がいや聴覚障がいにより、周囲の人の動きや音声のみでの案内などでは状況把握が難しく、危険の察知が的確にできない場合があります。また、危険を察知することはできても、パニックで動けなくなったり、自力での迅速な避難が困難な人がいます。


電車・バスの中で、席をお譲りください

 外見では健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な人がいます。 外見からは分からないからといって、優先席を必要としないわけではありません。ヘルプマークを身に着けた人がいたら、必要に応じた配慮をお願いします。


事故などの発生時に、声をかけるなどの配慮をお願いします

 事故などの突発的なできごとに対して、状況を把握して臨機応変に対応することや、立ち上がる・歩く・階段の昇降などの動作が困難な人がいます。


交付対象者

 総社市内に在住の、知的障がい、精神障がい、聴覚障がい、内部障がい、難病の方、妊婦の方など、援助や配慮を必要としている人。

交付手続き

 窓口で交付申請書に住所、氏名等を記入。

交付場所

 総社市役所福祉課(本庁舎1階 10番窓口)

費用

 無料