本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の医療・福祉の中の障がい者福祉の中の日常生活の支援から豪雨災害被災者への障害福祉サービス等減免について
 
組織から探す
施設一覧

平成30年7月豪雨により被災された方に対する
障害福祉サービス等減免について


 この度の平成30年7月豪雨により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
 本市では、平成30年7月豪雨により被災された方に対する障害福祉サービス等の減免制度を定めましたので、対象となる方は、申請をしてください。
 
 ただし、総社市内の住宅に居住していた方で、その住宅が罹災証明申請書の「罹災証明内容の提供及び発行制限確認」欄で「①各種支援制度の所管課に対し、罹災証明内容を提供することに同意する」に「はい」と回答されたうえで、「全壊」「大規模半壊」「半壊」「床上浸水」の罹災証明の交付を受けている方については、市が罹災証明の状況を確認のうえ、減免を決定、通知しますので、申請の必要はありません。

対象となるサービス

  • 障害福祉サービス
  • 障害児通所支援
  • 日中一時支援
  • 地域活動支援センター(Ⅱ型)
  • 移動支援
  • 補装具
  • 日常生活用具
  • 自立支援医療(更生医療・育成医療) 
  • 心身障害者医療

対象者

  • 居住している住家が全壊・半壊・床上浸水の被災をされた方で、サービスの利用者負担免除を受けておられない方(すでに市民税非課税等による免除を受けている方は対象外)
  • 平成30年7月豪雨により勤務先が被災したことにより、自己都合以外の事由により世帯主が失職し、収入が著しく減少した世帯
  • 平成30年7月豪雨により事業所等が被災した事業主が世帯主の場合で、事業を廃止又は休止し、収入が著しく減少した世帯 

対象期間

 平成30年7月利用分から平成31年6月利用分まで

減免額

 全額免除

手続様式

 障害福祉サービス等減免申請書(17kbyte)doc
 ただし、総社市内の住宅に居住していた方で、その住宅が罹災証明申請書の「罹災証明ない世の提供及び発行制限確認」欄で「①各種支援制度の所管課に対し、罹災証明内容を提供することに同意する」に「はい」と回答されたうえで、「全壊」「大規模半壊」「半壊」「床上浸水」の罹災証明の交付を受けている方については、市が罹災証明の状況を確認のうえ、減免を決定、通知しますので、申請の必要はありません。

申請期限

 平成31年6月28日(金)まで

お問い合わせ

部署: 福祉課 障がい福祉係
住所: 〒719-1192総社市中央一丁目1番1号
電話番号: 0866-92-8269
E-mail: fukushi@city.soja.okayama.jp
 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ