本文へジャンプ

事業主の方のための障がい者雇用支援制度

 障がい者を新たに雇用するに際しての国の主な助成金を紹介します。                                                             


1 特定求職者雇用開発助成金

特定就職困難者コ-ス

 障がい者などの就職が特に困難な人を、ハロ-ワ-クなどの紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れた事業主に対して助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムぺ-ジへ)   


発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コ-ス

 発達障がい者または難治性疾患患者を、ハロ-ワ-クなどの紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れた事業主に対して助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムペ-ジへ)


障害者初回雇用コ-ス

 障がい者雇用の経験のない中小企業(障がい者の雇用義務制度の対象となる労働者数45.5~300人の中小企業)が雇用率制度の対象者となる障がい者を初めて雇用し、法定雇用率を達成する場合に助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムペ-ジへ)                                   



2 トライアル雇用助成金

障害者トライアルコ-ス

 就職が困難な障がい者を、ハロ-ワ-クなどの紹介により、一定期間試行雇用を行う事業主に対して助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムページへ)


障害者短時間トライアルコ-ス

 直ちに週20時間以上勤務することが難しい精神障がい者および発達障がい者の求職者について、3か月から12か月の時間をかけながら20時間以上の就業を目指して試行雇用を行う事業主に対して助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムペ-ジへ)



3 障害者雇用安定助成金

障害者職場適応援助コ-ス

 職場適応援助者(ジョブコ-チとも呼ばれ、障がい者、事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に関するきめ細かな支援をする者)による援助を必要とする障がい者のために、職場適応援助者による支援を実施する事業主に対して助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホムペ-ジへ)


中小企業障害者多数雇用施設設置等コース

 300人以下の中小企業が、障がい者の雇い入れなどに係る計画を作成し、当該計画に基づき障がい者を新規に5人以上雇用して、その雇い入れ後障がい者を10人以上継続雇用するとともに、障がい者の雇い入れに必要な事業所の施設・設備等の設置・整備をした場合に助成金が支給されます。
 詳細はこちら(厚生労働省ホ-ムページへ)



   

お問い合わせ

 ハロ-ワ-ク総社 
  住所:〒719-1131 総社市中央3-15-111 
  電話番号:0866-92-6001