本文へジャンプ

事業主の方のための障がい者雇用支援制度


特定求職者雇用開発助成金

 障がい者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部が助成されます。
 詳細はこちら (38kbyte)pdf

障害者トライアル雇用奨励金

 ハローワーク等の紹介により、3ヶ月を限度に試行雇用することにより、雇用に対する不安を軽減し、円滑な雇用に移行するため、事業主には、1ヶ月4万円の奨励金が支給されます。
 詳細はこちら (69kbyte)pdf

障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨金)

 障がい者雇用の経験のない中小企業(障がい者の雇用義務制度の対象となる労働者数50~300人の中小企業)が障がい者を初めて雇用し、この雇入れによって法定雇用率を達成する場合に奨励金が支給されます。
 詳細はこちら (42kbyte)pdf

精神障害者等雇用安定奨励金(重度知的・精神障害者職場支援奨励金)

 重度知的障害者または精神障害者の雇入れや職場支援員を配置する事業主に対して奨励金が支給されます。
 詳細はこちら (77kbyte)pdf


 ハローワーク等の紹介により、発達障害者または難治性疾患患者を雇用保険の一般被保険者として新たに雇入れた事業主に対して、50万円の助成金が支給されます。
 詳細はこちら (71kbyte)pdf

中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金

 労働者数300人以下の事業主が、雇入れ計画に基づき障がい者を10人以上雇用するための施設整備に係る費用を支援するため、助成金が支給されます。
 詳細はこちら (70kbyte)pdf