本文へジャンプ
総社吉備路文化館

  • 開館時間 9時から17時まで(入館は16時30分まで)
  • 11月の休館日 6日、13日、20日、27日
 

開催中の展覧会

追悼 高木 聖鶴展

追悼高木聖鶴展チラシ

追悼 高木聖鶴展チラシ (1,423kbyte)pdf


平成29年10月20日(金)~12月10日(日)
午前9時から午後5時まで ※午後4時30分までに入館 入場無料
※初日はオープニングセレモニー終了後の14時から入場可能

 今年2月に逝去された、総社市名誉市民で文化勲章受章の書家、高木聖鶴さん。わが国を代表する書家であり、生涯にわたって故郷である総社を活動の拠点としました。高木さんをしのび、総社吉備路文化館初展示作品も含む約40点を展示。書一筋に生きたその歩みをたどります。
主 催   総社市・総社市教育委員会・公益財団法人総社市文化振興財団
問い合わせ    総社市教育委員会 文化課文化振興係 0866-92-3491

 関連情報


講演・ギャラリートーク 高木聖雨「父を語る」 
日時
 11月11日(土) 詳しくはこちら
追悼 高木聖鶴展 図録販売中 価格1,000円 詳しくはこちら


次回の展示予定

総社ゆかりの作家展Ⅲ 入江北宰×皆見鵬三×山本 正

平成29年12月16日(土)~2月12日(月・祝
午前9時から午後5時まで ※午後4時30分までに入館 入場無料

  総社吉備路文化館、総社ゆかりの作家展シリーズ第3弾は、昭和地区にゆかりのある入江北宰、皆見鵬三、山本 正がテーマです。昭和地区は、総社市北西部に位置する自然豊かな地域。その地にゆかりある3名の作家たちは、多くの花鳥画を描いた入江、従軍画家を経て戦後は抽象表現の影響を受けた皆見、独立美術協会で活躍した山本と、それぞれがまったく異なる個性を持っています。
 ご観覧の皆様には、この展示を通して地元の作家について改めて知っていただくとともに、20世紀の日本美術の多様なひろがりを感じていただければ幸いです。 

主 催   総社市・総社市教育委員会・公益財団法人総社市文化振興財団
問い合わせ    総社市教育委員会 文化課文化振興係 0866-92-3491


 年間予定


平成29年度の展示予定は こちら (197kbyte)pdf
  ※予定は変更となる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。



常設展示 高木聖鶴作品展示室


 
 常設展示は、かな書家で文化勲章受章者の故高木聖鶴さんの作品を展示しています。

  現在は、特別に常設展示室も「追悼 高木聖鶴展」の一部となっております。

 総社吉備路文化館の写真

お問い合わせ

 総社吉備路文化館
 住所/総社市上林1252
 電話・FAX/0866-93-2219