本文へジャンプ
総社市
文字サイズ
文字拡大文字サイズを標準に戻す文字縮小
背景切り替え
Language 
現在位置:HOMEの中の文化・スポーツの中の文化・文化財の中の総社芸術祭の中の総社芸術祭2015から総社芸術祭2015
 
組織から探す
施設一覧
ロゴ


 国民文化祭で育った小さな文化の芽を育て、芸術文化レベルの向上を図るため、総社市では「総社芸術祭」を開催しています。

テーマ

 

 と黒~
  今 吉備野を渡る 真紅の薫り 漆黒の響き


(色のイメージ)
鬼とされた温羅 その流れる血 血吸川 たたらの炎 宝福寺の三重塔 豪渓のもみじ タンチョウの冠 古代米 赤米
黒: 雪舟の描く水墨画の墨 彼がまとう袈裟 鐵 くろがね 国分寺の五重塔 高梁川の伏流水 黒媛伝説  古墳 石室

参加事業


造形展示
4/19 美術展-風土記の丘で-総社吉備路文化館とその周辺(~5/6)
(初日にオープニングセレモニー)
4/19 リジッド手織り機による作品展示旧堀和平邸(~5/6)
4/19 墨彩愛らんど きび路市民ギャラリー(~4/26)
4/20 パッチワークキルトと裂織・きり絵展阿曽房(~5/5、水・土・日休み)
5/1心のひだ・きびの美術 -遠との共鳴- 於宝福寺宝福寺(~5/6)
5/1カメラの世界市民ギャラリー(~5/6)
5/4~赤と黒の世界~河田雅史写真展
総社市民会館ロビー(~5/6)
舞台
5/3はじめてのオペラ「カルメン」 総社市民会館
5/3和楽器の魅力~囃子・筝と語り~山手公民館
5/6語りの舞台「記憶」リメイク版山手公民館
5/6R&Bジョイフル・コンサート
~吉備から発信する 日本の歌~
総社市民会館
(フィナーレ)
特別事業
5/2総社芸術祭交流会サンロード吉備路
5/4着物で唄おう 昭和のうた音楽祭カミガツジプラザ
 

 チラシ・公式ガイドブック


 

 チラシ
チラシ.pdf (309kbyte)pdf
 公式ガイドブック
公式ガイドブック.pdf (2,268kbyte)pdf
 

スタンプラリー


 総社芸術祭の造形7事業、舞台4事業、特別事業2事業を対象にスタンプラリーを実施します。
  公式ガイドブックの裏表紙にある応募用紙に、1つ以上舞台のスタンプがあることが条件で、4つそろえば、希望の商品を選んで応募できるもの。応募は1人1枚です。
 申し込みは、平成27年5月15日(金)、午後5時までに総合文化センター 入口の応募箱に投かんしてください。

 
詳しくは、こちらへ>>>

スタンプラリーカード
スタンプラリーの応募用紙

応募用紙.pdf (74kbyte)pdf
 

グッズ

総社芸術祭のグッズを紹介します。
 
 
詳しくは、こちらへ>>>


開催期間

舞台部門平成27年5月3日(祝)~5月6日(休)
造形部門平成27年4月19日(日)~5月6日(休)

開催場所

総社吉備路文化館、備中国分寺周辺、総社市民会館、カミガツジプラザほか


案内地図

 総合文化センター(☎0866—92—3491)
   総社駅から徒歩約10分。駐車場約120台
 ●旧堀和平邸
   東総社駅から徒歩約10分。駐車場なし
 ●宝福寺
   総社駅からタクシーで約10分。駐車場約70台
 ●サンロード吉備路(☎0866—90—0550)
   総社駅からタクシーで約15分。駐車場あり
 ●総社吉備路文化館(☎0866—93—2219)
   総社駅からタクシーで約20分。駐車場は備中国分寺北側の県営駐車場を利用。駐車場から徒歩約10分
 ●阿曾房(☎0866—99—9050)
   足守駅からタクシーで約10分。駐車場あり
 ●山手公民館(☎0866—93—1241)
  総社駅からタクシーで約20分。駐車場約80台


主催・後援

 【主催】 総社芸術祭実行委員会
 
 【後援】 岡山県、岡山県教育委員、公益社団法人岡山県文化連盟、RSK 山陽放送、RNC 西日本放送、OHK 岡山放送、
KCT 倉敷ケーブルテレビ、KSB 瀬戸内海放送、TSC テレビせとうち、朝日新聞岡山総局、山陽新聞社、中国新聞備後本社、毎日新聞岡山支局、読売新聞岡山支局 (順不同)


お問い合わせ

総社芸術祭実行委員会事務局
総社市教育委員会 文化課文化振興係(総社市総合文化センター内)
〒719-1131 総社市中央三丁目1番地102
電話(0866)92-3491
FAX(0866)92-3492
E-mail:
e-bunkact@city.soja.okayama.jp




 

よりよいホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
このページの先頭へ